Megabass Respect Color 3rd Stage

メガバスが誇る往年の名作カラーの歴史や秘密を紐解く「メガバス・リスペクトカラー」もいよいよ”3rd Stage”に突入!日本最古ともいえる歴史ある本格的な国産インジェクションルアーメーカーとして、30年を超える長い歩みの中で生まれた名作カラーの数々を引き続き月替わりでご紹介していきます。
今回の”3rd Stage”ではカラーごとにアイテムを厳選し、これまでのリスペクトカラーシリーズにはラインナップされていなかったNEWアイテムも多数追加!どんなアイテムが登場するかは毎月のお楽しみです!
どのアイテムも今回限りの特別仕様のカラーリングで、全て完全受注生産によるご予約販売となります。

ご予約は受注期間中のみのお受付となります。
指定期間以外での御注文はお受付出来かねますのご了承ください。

Respect 33 HAKUSEI MUDDY GORI COPPER

HISTORY

ハクセイマッディゴリコパーは、1994年に登場したライブXリバイアサンにのみ存在するダークトーンカラー。その名の通りゴリやヨシノボリなどの淡水ハゼ類をイメージしており、ボトムのベイトを意識するバスに対して非常に有効なカラーリングとなっている。元々ハクセイカラー自体はライブXリバイアサン専用に生み出されたもので、アユやカワムツといった日本在来の淡水魚をメガバスファクトリーの熟練職人が魚の剥製と同じ手法で表現したアーティスティックなカラーパターンである。その中でもプラグとしては珍しい底生ベイトをイミテートしたハクセイマッディゴリコパーは、メガバスならではの先見性が光る斬新なカラーリングと言えるだろう。また、マッディというネーミングに反して状況を選ばない汎用性の高さも兼ね備えているので、フィールドや水質を問わず活躍してくれる点もこのカラーが持つ魅力の1つ。本物のベイトフィッシュを連想させるような生命感あふれる艶めかしい光沢は、近年のセレクティブになったバスを攻略する上で欠かせない切り札となるはずだ。なお、初期のハクセイマッディゴリコパーは背中から側面にかけて楕円形のスポット模様が散りばめられていたが、90年代後期に虫食いのようなスポット模様が背中のみに入るパターンに変更されたという歴史がある。今回は変更後のパターンでの復刻となるが、当時の色味や質感を忠実に再現した懐かしい仕上がりとなっている。

MOVIE

PRO STAFF VOICE

  • 琵琶湖で活躍中の敏腕プロガイド
    杉村 和哉
    このカラーは見た目がゴリやヨシノボリ系に瓜二つなので、ディープXやリバイアサンをボトムにタッチさせながら巻くエスケープアクションで使いたいところですね!琵琶湖なら湖東のロックエリアで特に有効なカラーになりそうです。シルエットもハッキリ出て存在感のあるカラーなので、使うタイミングとしては朝夕のローライト時や雨で少し濁りが入った時がオススメです!ネーミングからするとマッディな河川や野池で使ってみたくなりますが、カラー自体はナチュラルなブラウン系なので、ダムのバックウォーターやタフなクリアレイクで使うのも普通にアリだと思います!
  • あのダークスリーパーを発案したメガバシスト
    石田 圭吾
    いかにもゴリ、ハゼといった暗色系のカラーリングで、バスがボトムのベイトを意識している時にはまさにマッチザベイトと言えるカラーです。ワームならパンプキン系やシナモン系のブラウンカラーがよくありますが、プラグでこういうカラーは珍しいですね。使いどころとしては、ささ濁りの中でアピールさせたいけどブラック系では強すぎる、かと言って膨張色のチャート系でもない、という時。自分の中でゴリパターンと言えば、やはり自身が開発に関わった経緯もあるダークスリーパー!・・・なんですが、このカラーはダークスリーパーと織り交ぜながら使ってみたいですね。
  • W.B.S ベテラントーナメンター
    長岡 正孝
    霞ヶ浦では初夏~梅雨明けくらいにかけてゴリが大量発生する時期があり、このカラーのリバイアサンに何度も助けられたことがあります。霞ヶ浦でバスが捕食しているベイトの中でもゴリはバスが非常に狙いやすいので、喰い渋った時にはこうしたカラーは非常に有効です。リバイアサンに限らずグリフォンやディープXでも、ボトムをなめるようにスローにアクションさせると、よりゴリっぽさを演出できて良い釣果が期待できると思います。あとは見方によっては虫っぽくも見えるので、このカラーのPOPXなら虫パターンでの使用も面白いですね。皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

FACTORY MEISTER VOICE

  • 熟練のコスメ職人
    鈴木 慎太郎
    河川や湖沼のボトムに潜むハゼやゴリをイメージした珍しいカラーです。プラグでこうしたボトム系のベイトをイミテートしたカラーは当時皆無で、まさに時代を先取りしたと言っても過言ではないメガバスらしいカラーだと思います。ベースカラーの絶妙な色合いは茶系の塗料にほんの少し赤系の塗料を混ぜて生み出していて、それが名前のコパー(銅)の由来となっています。対照的にベリーには淡いブルーパールを吹いているので、実はルアーがロールした時に明滅効果を発揮する配色になっているのも特徴です。初期の頃はボディ側面までスポットが入るパターンを採用していましたが、ちょうどPOPXが発売になった頃にパターンを一新し、背中のみにスポットが入るパターンにマイナーチェンジした経緯があります。

ITEM LINEUP

完全受注生産にて制作

受注期間
2021年8月9日まで
デリバリー時期
2021年9月上旬