megabass respect color

メガバスの往年の名作カラーの歴史や秘密を紐解くメガバスリスペクトカラー。
日本最古ともいえる歴史ある本格的な国産インジェクションルアーメーカーとして
30年を超える長い歩みの中で産まれた数々の名作カラーを紹介いたします。
紹介したカラーは今回限りの特別仕様のカラーリングを施し、完全受注生産にてご予約販売も致します。

ご予約は受注期間中のみのお受付となります。
指定期間以外での御注文はお受付出来かねますのご了承ください。

赤虎

HISTORY

ライムグリーンベース&シルバーストライプのマットタイガーに対して、レッドベースにゴールドのストライプを入れたのが赤虎。いかにもメガバスという独創的なパターンであることに加え、“レッドタイガー”ではなくあえて“赤虎”とした和のネーミングセンスが個性を際立たせる。また、背中の黒は一文字ではなく、クラックを施すなど遊び心も取り入れた塗装で、丁寧な仕上げも相まって深い思い入れを持つファンが多い。ただ、集中的にいろいろなルアーに採用する時期もあれば、あるとき突然ラインナップから姿を消してしまうことがあるなど、生産数の面では気まぐれなところも赤虎の特徴と言える。このカラーの出しどころは季節限定で、ズバリ、スポーニングシーズンの春。赤虎=マッディ&スポーンと言っても過言ではなく、春・マッディ・シャローといったキーワードが揃ったら、必ず投げてみたいカラーである。

予約受付は終了いたしました

完全受注生産にて制作

受注期間:2月15日~3月10日
デリバリー時期:4月初旬予定