プロスタッフ 徳永 兼三による釣行記!~東京湾クロダイ、キビレ・プラッギングゲーム

2021.8.26

プロスタッフ 徳永 兼三による釣行記!~東京湾クロダイ、キビレ・プラッギングゲーム


ここ近年、東京湾ではクロダイ、キビレの個体数が増えゲームフィッシュとして注目を集めています。

ワームの落とし込みやフリーリグ、チヌ専用のジグによるゲームは確立された感があります。


更にここへきて個体数が増えたことにより、プラグでもそのゲームの可能性が広がってきています。

東京湾は瀬戸内海に次いで潮汐の干満の差が大きく、それに伴って魚の着き場も大きく変化します。

浜名湖のクロダイ・ポッパーゲームは有名ですが、東京湾ではなかなか成立しませんでした。


しかし、クロダイの生息数も増え、それにキビレも加わった事で

トップウォーターでも良く釣れるようになりました。


プロスタッフ 徳永 兼三による釣行記!


プロスタッフ 徳永 兼三による釣行記!


結果的に言うと潮位と魚のフィーディングのタイミングを合わせることが出来れば、

十分にゲームとして成立します。


実績のあるルアーは水砲ポッピングダックです。


プロスタッフ 徳永 兼三による釣行記!


プロスタッフ 徳永 兼三による釣行記!


水砲は波静かな時に、細かいドッグウォーキングをさせながらのポッピングで、逃げ惑う小エビを意識してアクションすると効果的です。


ポッピングダックは風や波が多少あるときに有効で、広い範囲を効率良く探ることができます。

更に波静かな時や喰いが悪い時にはペンシルベイトが有効です。ドックXスピードスライドはまさにクロダイに追われ、逃げ惑う小エビの動きを見事に再現してくれます。


キビレ、クロダイは、潮位の変動が大きいこともあり、障害物についていて落とし込みで狙う個体を除けば、魚の移動も非常に激しいです。ワーミングの釣りでは群れに当たればアタリが頻発しますが、スローな釣りですから魚を探すまでに時間を要することが多々あります。


そこでクランクベイトを最近は多用していますが、魚を探すサーチベイトとしても秀逸ですし、ゲームとしても大変面白い釣りです。

実績が高いのはメガバス・ディープX 100です。


プロスタッフ 徳永 兼三による釣行記!


プロスタッフ 徳永 兼三による釣行記!


これで2mラインまでを確実にカバーします。

東京湾の透明度とルアーのサイズ感からこのサイズが使いやすい様に思います。

また、TRAVIS7をリフト&フォールで底をこづく様に使うと、小さなハゼが泳ぐ様が模倣でき効果的でした。


使用したロッドはトップウォータープラグ用にはシルバーシャドウ SS-64MLS。

ラインはPE1号にリーダーは12〜16lb.。


クランキングやボトム狙いのプラッギングでは礁楽のSL-72MLBF を使用しました。



[必釣最前線(FRESH VOICE)より]




▼【オンライン限定】POPPING DUCK(ポッピング ダック) シースルークマノミ

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-45778

【オンライン限定】POPPING DUCK(ポッピング ダック) シースルークマノミ



>>「POPPING DUCK」のバリエーションはこちら



▼【オンライン限定】水砲 SWING HOT(スイホウ) シースルーボバー

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-45774

【オンライン限定】水砲 SWING HOT(スイホウ) シースルーボバー



>>「水砲 SWING HOT」のバリエーションはこちら



▼TRAVIS 7(トラビス7) グリッターアユ

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-46762

TRAVIS 7(トラビス7) グリッターアユ



>>「TRAVIS 7」のバリエーションはこちら