プロスタッフ 門永晴記による釣行記!~冬のデイチヌはステルスカラーをチョイス!

2021.1.28

プロスタッフ 門永晴記による釣行記!~冬のデイチヌはステルスカラーをチョイス!


冬のデイチヌはステルスカラーをチョイス!

こんにちは広島の門永です!
2021年もどうぞよろしくお願いします^^

釣り物か少なくなる1〜2月に熱くなるのが、冬のデイチヌゲーム!
近年、関西圏ではテキサスリグやフリーリグを使用したワーミングで狙うデイチヌゲームがトレンドとなっていて、バスフィッシング感覚で楽しめることもあり非常に人気の釣りとなっています!


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


特にフリーリグでのアプローチは非常に有効で、メガバスからリリースされています、礁楽「ROCK HOG 2.5inch」や「BOTTLE SHRIMP 3inch」もこのフリーリグにベストマッチするワームとなっています!

チヌゲームにオフセットフックを使用する場合、個人的にも♯1/0が最適な大きさだと思っていて、ロックホッグ2.5インチに関しては、それに合わせてボディサイズを調整してもらったくらいに、そこにはこだわり抜いて作りました!
ボトルシュリンプ3インチも#1/0がベストなフックサイズとなっています!

そんな感じで有効なリグやワームが決まりましたら、次に思い当たるのがそのワームのカラー選択!
冬の海は、湾奥でも透明感が上がるためワームのカラーチョイスは非常に重要な部分になってきます!!

クリアウォーターで特にデイゲームの場合には、ワームのカラーでその存在感を調整してやる必要があります!
魚の活性が低い時ほどナチュラル系カラーを使用して、ボトムの質感や海底の色合いに合わせて同調させていくことがキモかと思います!極端に言えばワームを「魚に一瞬見失わせ、また見つけさせる」ようなイメージで使っていくことで口を使わせるきっかけを作ってやる感じです!


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


もちろん魚の活性の高さによっては、クリアウォーターのシャローでもシルエットを強く出せるブラックやソリッドレッドなどが有効な場合もありますが、基本冬のワームはナチュラル系から入ることをオススメします!

僕のデイチヌ冬のオススメカラーは、
ロックホッグでしたら


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!

『CINNAMON BLUE FLAKE』


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!

『MOEBI』



の2色

ボトルシュリンプでしたら


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


『LIGHT WATERMELON』


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


『GREENPUMPKIN BLUE』


の2色がオススメです!

特にボトルシュリンプの『ライトウォーターメロン』は、冬の海と一番同調するステルスカラーで、ボトシュリの食わせ能力と相まってタフった時にはなくてはならないカラーとなっています!


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


今年の年初めは、とても強い寒波が襲来した事で湾内の水温も不安定に‥
魚の活性はかなり低い状況でしたが、上でも紹介したワームの冬カラーをポイントに合わせてローテーションしアジャストさせていくことで、各所でクロダイ&キビレの強い引きを楽しむことができました♪


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


これからが本番の冬のデイチヌゲーム!
是非ナチュラル系ステルスカラーを試してみてもらいたいです^^



[fimoブログより]



▼ROCK HOG(ロックホッグ) 2.5inch シナモンブルーフレーク

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-46374

ROCK HOG(ロックホッグ) 2.5inch シナモンブルーフレーク



>>ROCK HOGのバリエーションはこちら



▼本仕込 BOTTLE SHRIMP(ボトルシュリンプ)(3inch) ライトウォーターメロン

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-38400

本仕込 BOTTLE SHRIMP(ボトルシュリンプ)(3inch) ライトウォーターメロン



>>BOTTLE SHRIMPのバリエーションはこちら



2021年メガバスコンセプトアルバム販売開始!