フィールドスタッフ 加藤光一による釣行記!~ONETEN LBO SWで東京タチウオ連発!

2019.11.21

フィールドスタッフ 加藤光一による釣行記!


皆さんこんにちは。
東京湾奥エリアの加藤です。

今回は東京湾奥エリアの港湾部のナイトゲームのお話です。

近年、秋の東京湾では主にボートや、千葉県、神奈川県の陸っぱりで釣果を聞くことも多いタチウオですが、東京湾の最奥である東京都内の陸っぱりからも良型のタチウオが連発しました!

この夜は、シーバス狙いでの釣行だったのですが、潮通しの良いポイントで先ずは40cm超の良型のカマス『ONETEN LBO SW』にヒット。

フィールドスタッフ 加藤光一による釣行記!(ONETEN LBO SW)


モゾモゾッと小さなアタリが多いなか、ロッドを低く構えてONETEN LBO SWの最大潜航深度の1.7m辺りをスローリトリーブで通すとしっかりとバイトが出る状況です。

ライトタックルでマキッパを使用したカマスゲームも楽しそう!」なんて事を考えながらキャストを続けます。

無数のバイトとカマスを3本キャッチしたあたりでカマスの群が移動したのかバイトは遠退きました。

しばらくすると、今度はカマスともシーバスとも異質のバイトが連続し、ヒット直後に激しくグングンと引いた直後にジャンプ!

足下まで寄せて水面に出た顔を見たときは、一瞬そのシャープな顔付きから「更に大きなカマス!?」なんて思いましたが、抜き上げようとすると、想像以上に長い魚体に驚きました。

ヒットしたのはなんと90cm近い良型のタチウオです!

フィールドスタッフ 加藤光一による釣行記!(ONETEN LBO SW)


東京都内の陸っぱりから稀にタチウオが釣れるという噂は聞いていましたが、こんな良型が釣れるのは予想外です。

カマス、タチウオ共に岸から近い20~30mのラインでアタリが出ます。
水深は3m前後のポイントです。

ゆっくりと水位が上昇する上げ潮の半ばなので、体感的には分かり難いですが、潮が動いている潮目になっていてベイトとなるカタクチイワシ等の通り道になっていたのでしょうね。

またタチウオがヒット直後にジャンプしたのにも驚きました。

船釣りのタチウオだと、ヒット直後に上方向に走ってラインテンションが抜けるという状況がありますが、今回は水深が浅いポイントのため水面から飛び出してしまったのかも知れません。


ベイトの移動が速いのか、タチウオが釣れたのは短い時間でしたが、それでも陸っぱりとして大型が4本という好釣果でした。

フィールドスタッフ 加藤光一による釣行記!


潮回りや風向き、ベイトの動向次第となるタチウオ狙いが成立する釣りは、ポイント的にも東京では少ないとは思いますが、チャンスがあれば皆さんも狙ってみてください。

先に釣れたカマスのサイズ的に、タチウオがカマスを捕食している訳では無さそうですが、カマスと同じベイトの群れを追ってタチウオが接岸している可能性が高いので、カマスが釣れた時は近くにタチウオが居るかも知れません。


ロッドの角度で潜航レンジをコントロールしやすいONETEN LBO SWはシーバスや青物だけでなくタチウオにも効果的でした!

皆さんもONETEN LBO SWで秋の釣りを楽しんでくださいね!

[fimoブログより]



▼ONETEN LBO SW(ワンテンLBO SW) GG ゴールドライム

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-43790

ONETEN LBO SW(ワンテンLBO SW) GG ゴールドライム



▼ONETEN LBO SW(ワンテンLBO SW) GG イワシ

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-43786

ONETEN LBO SW(ワンテンLBO SW) GG イワシ



▼ONETEN LBO SW(ワンテンLBO SW) GLX キャンディーレッドヘッド

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-43792

ONETEN LBO SW(ワンテンLBO SW) GLX キャンディーレッドヘッド



>>ONETEN LBO SW(ワンテンLBO SW) のバリエーションはこちら