nadarスタッフ 山浦良明による釣行記!~本気と癒しのメバルプラッギング

2019.5.30

nadarスタッフ 山浦良明による釣行記!


福岡の山浦です。

気温が安定して15度を超えるようになり、ちらほらとシーバスの釣果情報を耳にするようになりました。
が、4月頃からはメバルシーズンの最盛期となりメバル行くかシーバス行くか迷ってしまう時期でもあります。

ということで先週はシーバスを我慢してデカメバルを釣るべく夜中の磯にエントリー。
満潮から下げ2分というタイミングもあり、流れが効いて潮目もくっきりと出ている状況。

まずはぶっ飛びと食わせの優等生 テリアからスタート。


1投目、ロングキャストからスローで巻いていると軽い流れからズシっと重くなる流れに入った直後にガツンとバイト!

がフックアップせず。


今日は期待できるかもしらん!

トレースコースを少しずつ、ずらしながら巻いているとほどなくしてガツッと今度はヒット!

ゴリゴリ寄せて無事ランディングしたのは20cm台後半の良型メバル!!

nadarスタッフ 山浦良明による釣行記!


さすがテリア。文句なしの食わせ性能です。


nadarスタッフ 山浦良明による釣行記!


写真をパシャパシャ撮っているうちに強い横風が吹いてきたみたいで思ったように狙いのコースが引けずかなり釣り辛くなりました。

単独釣行の新月の闇磯と、磯用に新調した靴のフリクションが効かず無理は出来ないということもあり、今回は深追いせずサイズ狙いのプラッギングは終了しました。

しかし、1匹じゃ帰れん!
ということで風裏の漁港にエントリーし直し癒しのプラッギングへ。


漁港の常夜灯周りではぽつぽつとメバルのライズを確認。

係留船やブイで出来た明暗をビーグルFのストップ&ゴーで引いてくると、ストップしたビーグルがプカッと浮いたところでバシャッと水面を割って激しくバイト!


nadarスタッフ 山浦良明による釣行記!


サイズは小さいけど視覚で楽しむ釣りはテンション上がって癒されます。


漁港でのビーグルの使い方は色々ありますが、

ストップ&ゴー、早巻き、表層引き波、ロングポーズ、放置、ラインを張るか張らないかのデッドスローなどなど、その時々でこれらの誘い方を組合せることで釣果を伸ばせると思います。


nadarスタッフ 山浦良明による釣行記!


ということで水面破裂ゲームを十分楽しんだところで終了しました。


今回は本気のプラッギングで不本意な結果になってしまったので次回リベンジしたいと思います。

[fimoブログより]



▼nadar(ナダ) TERRIER(テリア) (S) グローグロー

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/nadar-lure-terrier/detail-36203

nadar(ナダ) TERRIER(テリア) (S) グローグロー

>>nadar(ナダ) TERRIER(テリア)のバリエーションはこちら



▼nadar(ナダ) BEAGLE(ビーグル) (SS) クリアオレンジゴールドグリッター

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/nadar-lure-beagle/detail-33688

nadar(ナダ) BEAGLE(ビーグル) (F) クリアシルバーグリッター



>>nadar(ナダ) BEAGLE(ビーグル)のバリエーションはこちら