フィールドスタッフ 遠藤ロニーによる釣行記!~X-80 BEAT SW のタナ探り攻略法

2019.5.16

フィールドスタッフ 遠藤ロニーによる釣行記!


どうもこんにちは。
フィールドスタッフの遠藤ロニーです!!

遅くなりましたが、この度、Megabass フィールドスタッフとして活動する事になりました遠藤ロニーです!
日頃は関西エリア、特に兵庫の河口や湾岸エリアでシーバスを中心に青物やメバルなどルアーに反応する魚ならなんでも狙ってます!!

生まれ故郷は南米パラグアイ。
物心付いた頃から釣りが大好きで、今でも里帰りする度に釣りに行ってます!!現地ではドラドなどの魚が釣れる事で有名で、世界中から色んな釣り人が訪れます。

日本では“チームポロロカ”の一員で4人の仲間と共に日頃ワイワイと楽しく釣りをさせてもらっています!!
また釣り場で会うことがあれば気軽に声かけて下さい。皆さん良い奴ばっかりなので!!

さて、本日は仕事が早く終わり、春らしい陽気も漂っていたので、これはシーバス出るんやないかと期待を膨らませ車にタックルを積んでフィールドへ直行しました。
ポイントは河口と水路がいくつも絡む場所。時刻は16時頃、中潮の下げ後半と言ったところ。
現地に着いて少し観察しているとベイト(小魚)の群れがざわざわしているではないか、少しギラついてたので、私はX-80 BEAT SWをチョイス。
数投投げてベイトの正体が判明!!

フィールドスタッフ 遠藤ロニーによる釣行記!


イカナゴでした、、、

その下にシーバスがいると確信しました。そこで私はX-80 BEAT SWの特徴を活かして、ルアーをベイトの下を通るように4秒程カウントを入れて、ハイギアのスピニングリールを少し早巻き(パニックを起こしてる小魚をイメージ)そしたら強烈な当たりと共に素晴らしいエラ洗い顔を見せてくれたのはこの元気なシーバス!
ナイスファイターでした!!

フィールドスタッフ 遠藤ロニーによる釣行記!


こんな感じでこれからもちょくちょくブログ更新しますので是非チェックして下さい!!

[fimoブログより]



▼X-80 BEAT SW(X-80 ビートSW) GG イワシ

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-3031

X-80 BEAT SW(X-80 ビートSW) GG イワシ



▼X-80 BEAT SW(X-80 ビートSW) GG アカキン

https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-3038

X-80 BEAT SW(X-80 ビートSW) GG アカキン



>>>X-80 BEAT SW(X-80 ビートSW) シリーズのバリエーションはこちら