はじめてのバス釣り(秋) | Megabass - メガバス オンラインショップ

秋バスの釣り方

夏の暑さも無くなり、一日を通してバスも過ごしやすい水温になる秋。
フィールド全体が適水温になる為、バスは広範囲を泳ぎ回りエサとなる小魚を求めて散らばります。
バイブレーション、クランクベイト、スピナーベイトなど、横方向を広く探ることのできる” 巻モノ” というルアーが活躍する時期です。
エサとなる小魚がたまる所や、地形変化のあるワンドや岬などを” 巻モノ” ルアーで広く探るのがセオリーです。
エサの小魚が泳いでいるレンジ(水深)をイメージし、ルアーの泳ぐレンジ(水深)も合わせることも大事です。

おすすめのルアーと使い方

バイブレーション

メガバス バイブレーションルアー

重量があるものが多く遠くまで投げられる上、振動と音によるアピール力の強さにより、投げて巻くだけで効率よく広範囲のバスにアピールする事ができます。
ただし根掛かりには非常に弱く、アピール力が強すぎてバスが警戒してしまったり、逆に音や振動に慣れて見向きもしなくなってしまったりといった欠点もあります。
基本的な使い方は投げて巻くだけですが、巻くスピードや着水→泳ぎ出しのタイミングをずらす事で泳がせる深さを調節したり、巻く→止める→巻くを繰り返して一定の層を引いて来るなどのテクニックが有効です。
動画は VIBRATION-X シリーズの動きが良くわかる動画です。

一覧を見る

クランクベイト

メガバス クランクベイトルアー

クランクベイトは激しい動きが特徴のルアー。
数あるルアーの種類の中でも定番と言えるもので、基本的に水に浮くタイプ(フローティング)が殆どです。
リールを巻くとルアーごとに決められた深度まで潜り、巻くのを止めると水面まで浮き上がってくる為、普通に巻いて決められた潜行深度を引いて来る、潜らせて浮かせてを繰り返す、湖底にルアーを当ててアピールする等が考えられます。慣れてくればこの浮力を活かして根掛かりを回避することも可能です。全体的に丸みを帯びたかわいらしいデザインが多い為、フックを外してキーホルダーにしている方などもいるようです。
動画は「ELBO(エルボー)」「GRIFFON(グリフォン)」など。

一覧を見る

シャッド

メガバス シャッドルアー

シャッドはミノーと同じく、形やシルエットも小魚に似せて作られたルアーです。
バスが捕食する小魚が多いエリアで使うのが有効です。
長めのリップが特徴で素早く目的の水深まで潜り、ルアーの泳ぎも小魚同様に水平姿勢に近い角度で泳ぎます。
使い方はただ巻きでOKです。ルアーの側面から放つフラッシングが逃げ惑う小魚を演出します。
それ以外にもロッドでジャーク (煽って) し、ルアーにイレギュラーなアクションを発生させてバスを誘うのも良いでしょう。

一覧を見る

スピナーベイト

メガバス スピナーベイトルアー

普通に巻くだけで十分にアピールしてくれる優れモノ。
さらに根掛かり(障害物などに針が引っかかる事)が少なく、広範囲を探る事ができる便利なルアーです。
根掛かりが少ないという特徴を生かして、水深が浅く水温の上がりやすい浅場(シャロー)や、アシが生えている付近(アシ際)、水中の杭や立ち木を狙ってルアーをキャストしてみましょう。
慣れてきたらルアーの水深を意識して、どの水深にバスがいるのかを探るように引き、三次元的にバスを探してみると良いでしょう。下の動画は「i-SPIN(アイ スピン)」です。

一覧を見る

ホッグワーム

メガバス ホッグワームルアー

「ワーム」とは全体が柔らかい樹脂などの素材で作られているルアーの総称です。
ホッグワームはテキサスリグというリグ (仕掛け) で使い、岸際のゴミ溜まりやカナダモ、ヒシモなどの障害物の下や近くに隠れているブラックバスを狙うのに最適です。
日中の日差しが強く、気温が高い時はバスの活性も低く、動きが鈍いときに最適です。
バスの居そうな障害物にタイトにキャストし、フリーフォールで上から落ちてくる餌をイメージしてバスを誘いましょう。

一覧を見る

掲載した商品「NEW VIBRATION-X Jr.」「THE KNUCKLE LD」「SHADING-X SILENT」「i-SPIN 1/4oz(W)」「DONG-PATH 3.5inch」は、【初心者ルアーフィッシングセット バス釣り用(秋)】に入っています。使い方を参考に秋のバスフィッシングをお楽しみいただければ幸いです。
また、秋は朝や夕方、日中の気温の差も激しく、雨の日も多いので着る洋服も薄着だと体が冷えて風邪を引いたりもしやすいので厚手の上着や雨具なども準備しておくと安全で便利です。
周囲の状況をしっかり把握し、体調管理に気を付けて安全なフィッシングライフを楽しんで下さい。季節や環境、活性などを見極め、どうしたらバスの興味を引けるかを模索する事はバス釣りの醍醐味です。秋は涼しく日中通して釣りもしやすいので快適に過ごせますので、気軽に近くのフィールドに足を運んでみてください。

季節別おすすめのルアーセット

あると便利なアイテム