プロスタッフ 門永晴記による釣行記!~i-SLIDE185SW

2019.1.10

プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


こんにちは!広島の門永です!

晩秋のコノシロパターンで有効な人気のi-SLIDE185SWですが、

このアイスライド185SWには、レギュラーシンキングモデルフローティングモデルの2種類がある事を皆さんご存知ですか?

プロスタッフ 門永晴記による釣行記!


オリジナルモデルであるレギュラーシンキングモデルは、主にリトリーブを主体としたセッティングとなっていて、その絶妙な比重は荒れたシュチュエーションや強い流れの中でもしっかりと泳ぎ切って大型ベイトを意識したシーバスに強烈かつナチュラルにアピールしてくれます!
フォーリングやリトリーブスピードでシャローからミッドレンジまで幅広い泳層をカバーできるのが強みです!

変わってフローティングモデルは、リトリーブに加え、流れに乗せながらドリフトさせて、よりスローに、よりナチュラルに誘ってやる事ができるモデルです!
ボディ底面に板オモリを貼ったり、スプリットリングの大きさを変えて調整してやる事で自分好みの比重にチューンできるのも嬉しいですね♪

今回の釣行では、自分の立ち位置の下流側に狙いのピンスポットがあり、クロス気味にショートキャストで入れたアイスライド185SW・フローティングモデルでラインを先行させながらドンブラコ♪ドンブラコ♪と狙ったピンに送り込んでいきます。

タイミングを見計らってリールのベールを返し、弧を描いたラインの頂点をポイントの上で留めてやるイメージでメンディングとリトリーブで調整してやる。

頭側からポイントに入ったアイスライドは、フラフラとターンしながら上流側に頭を翻す瞬間!大型シーバスに絶大なインパクトを与えるS字系ビッグベイト特有のアクションを演出します!

ただ巻きでは喰わない魚もいれば、低層をしっかり巻かないと喰わない魚もいるのがコノシロパターンの面白いところ!

広島では年内もまだまだコノシロ付きを狙えるチャンスがあります!皆さんもアイスライド185SWで今年を締めくくる良い魚と出会ってください。

プロスタッフ 門永晴記による釣行記!



[fimoブログより]



▼I-SLIDE 185SW(F)(アイスライド 185SW フローティング) PM チャートバックコノシロ
https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-36087
I-SLIDE 185SW(F)(アイスライド 185SW フローティング) PM チャートバックコノシロ
▼I-SLIDE(アイスライド) 185SW GG レインボー
https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-29781
I-SLIDE(アイスライド) 185SW GG レインボー

>>I-SLIDE(アイスライド) 185SW シリーズのバリエーションはこちら