フィールドスタッフ 本間昌和による釣行記!~冬へのカウントダウン

2017.11.22

フィールドスタッフ 本間昌和による釣行記!



こんにちは!
新潟のフィールドスタッフ本間です!!

日に日に寒さを増していき紅葉も見頃を迎えている近頃。
様々な釣り物も冬に向けて猛ダッシュしておりますね…
僕も年々寒さに弱くなって来ております(笑)


川の中も冬に向けてかなり大人しくなっている模様…

釣り場に着き、いつもの様に表層から丁寧に各レンジを探る…
が、いつもならミッドレンジ迄には何かしら魚からのコンタクトがあるのにこの日はまるで皆無。

焦る気持ちを抑え、ボトムをシッカリやってみようとCUTVIBでボトムサーチ開始。

だが、これにも何の反応もない(泣)
焦る気持ちだけがドンドン加速して行く…

頭の中でもっとスローに探るべきか?と

寒い時期に有効的だったハチマルでのボトムノック作戦に出る。

X-80SW LBO

しかも今回はLBOⅡを搭載し、死角無しとなったX-80SW LBOを結ぶ。
これまた気持ちいい位ぶっ飛びます(°_°)

今までは届かなかった流心から手前に向かってU字に流しながら、竿先をチョンチョンと動かしボトムを叩いて行くとフッと糸ふけが出る程度の小さなアタリ。

スラッグを回収し、シッカリフッキングを入れるとなかなかの重量感。

ランディングするとガッツリとハーモニカバイトしているのが分かりました(〃ω〃)

prostaff

prostaff

足場があまり良くなく、計測出来ませんでしたが中々のサイズ!

その後、夜明けを迎えるとベイトが突然上ずり、ボイルが発生!!
ベイトが何かまでは分からないもののサイズ感は小さい様。

これまた何を通しても食わなかったのですが、KAGELOU124Fステインイワシの早巻きのみに好反応!

prostaff

prostaff

prostaff

ロッドはASTELION AST-96MLを使用。

AST-96MLはASTELIONシリーズの中で最も汎用性の高いレングスで驚くほどの軽量感からか取り回しが良く、魚を掛けてからも柔軟に曲がり「素直なロッドだなぁ」と驚きばかりです。

しかもコストパフォーマンスの高さにも目ん玉飛び出ます(°_°)!!

デイゲーム等でバシバシとミノーを動かして行く釣りから、ナイトゲームのウェーディングをしないオカッパリでの軽?中量級のミノーをピンに送り込んで行く繊細な釣りでも強い味方になってくれると思います(^^)


■ 使用タックル
ロッド:ASTELION AST-96ML
リール:ダイワ2500番
ルアー::X-80SW LBO/KAGELOU124F
ライン:PE1.2号+フロロリーダー22lb


[fimoブログより]



▼X-80SW LBO GG ピンクキャンディー
https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-38849
X-80SW LBO GG ピンクキャンディー

▼X-80SW LBO GG ゴールデンライムOB
https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-38851
X-80SW LBO GG ゴールデンライムOB

>>X-80SW LBO シリーズのバリエーションはこちら

▼KAGELOU(カゲロウ) 124F GG ステインイワシ
https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-38362
KAGELOU(カゲロウ) 124F GG ステインイワシ

▼KAGELOU(カゲロウ) 124F ホワイトヘッド
https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-38370
KAGELOU(カゲロウ) 124F ホワイトヘッド

>>KAGELOU(カゲロウ) 124F シリーズのバリエーションはこちら

▼ASTELION(アステリオン) AST-86ML
https://jp.megabassstore.jp/fs/megabass/detail-38414
ASTELION(アステリオン) AST-86ML

>>ASTELION シリーズのバリエーションはこちら